栄養素

しじみが肝臓に良い理由

二日酔いの特効薬といえばしじみです。
肝臓に良いことで知られているしじみですが、どうやって肝臓に働きかけているのでしょうか。

まず、肝臓は常に働いています。
体に毒素が入ってきた時にはそれを分解しようと一生懸命働いてくれます。

お酒を飲んだ時も同じです。
アルコールを分解しようと頑張ってくれるのです。
ですから、二日酔いの時にしじみが効果的だと言われています。

しかし、肝臓の働きにも限界があります。
歳とともに、働きが鈍くなってきてしまいます。
とりわけお酒を飲んでいる人はそう言えます。

毎日、肝臓に負荷をかけているわけです。
そこで、しじみの力を借りることができます。

しじみに含まれているタウリンが肝臓の機能を回復してくれます。
それにより肝臓が少しずつですが修復されていくのです。

また、シジミに含まれるたくさんの良質のアミノ酸が、肝臓の働きを活発にするよう促してくれます。
これらがしじみが肝臓に良い理由となります。

肝臓は非常に大切な臓器です。
休息と回復が一番必要な臓器ともいうことができます。
ですから、毎日しじみを摂取することで肝臓をいたわってあげることができるのです。
タウリンと良質のアミノ酸がしっかりと働き、肝機能を回復させてくれます。

このページの先頭へ