栄養素

美味しいしじみ汁の作り方

しじみを食べる際に最初にしないといけないのが砂出しです。
たとえそれが砂出しをしてあるしじみであったとしても、老廃物を出し切るために、もう一度塩水に浸けるのがベストです。
普通の水ではなくて、1%ほどの濃度の塩水にしじみが重ならないように並べて2時間ほど砂出しします。

それから、しじみを鍋にうつして、水の状態から沸騰させていきます。
ここで煮るわけです。
煮過ぎには注意しなければなりません。

少し煮るとアクが出るのできっちりすくって行きます。
ここでだしの素を投入します。

次に味噌の投入です。
ここで注意したいのは、しじみの種類、時期によって含まれる塩分が違います。

これは毎回買って味噌汁を作るたびに違うということを認識しておかなければいけません。
塩加減を見ながら、味噌をといていきます。

これだけで完成です。
味噌は赤味噌でも美味しいですが、白味噌の方が合う気がします。
それはお好みでどうぞ。
最後に薬味を入れれば出来上がります。

しじみ汁のいいところはだしの素としじみと味噌でできるというお手軽さです。
しかし、細かいところまで気を配ることで美味しくなりますので、小さな気遣いが大切です。
一つ一つの作業を雑にしなければ、誰が作っても美味しくできます。

このページの先頭へ